■最新の緑内障治療


緑内障は、眼圧が高くなることが原因とされていますが、最近は、眼底の血流が阻害されることで、視細胞の働きが低下することも原因の一つと考えられるようになっています。これに伴い、眼圧を下げる治療と並行して、眼底の血流をよくする治療法が注目され始めています。 星状神経節ブロック療法という治療法で、喉にある星状神経節に特殊な麻酔薬を注射し、交感神経の緊張をほぐして血流をよくするものです。

神経ブロック療法は、坐骨神経痛の治療に用いられる方法ですが、これを、目の痛みや不具合を改善する方法として応用したものです。ただ、この療法は熟練した、麻酔科医による技術が必要であり、処置が適切でないと、術後痛みや不具合などの副作用が見られることがあります。

これ以外、新しい治療法として、偏光近赤外線療法(SGL)と言うものがあります。SGLは、星状神経節に対し、波長が短い、特殊な近赤外線を照射することで、交感神経の緊張をほぐし、眼底の血流を改善するものです。眼底の血流が改善することで、網膜の感度も向上します。星状神経節の部分に近赤外線を10〜15分照射するもので、痛みも副作用もないのが特徴です。SGLによって網膜細胞の血管が拡張し、血液量、血流速度ともに増したことが臨床の現場で確認されています。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)というものもあります。従来のレーザー治療は効果の持続が短いのが難点で、また、何度も施行すると線維柱帯の構造を破壊してしまう恐れがありました。SLTは、特殊なレーザーで、眼内の水(房水)の流出路である線維柱帯で水の流出の抵抗となっている色素細胞をレーザーでつぶして減らし、房水の流出を助け、眼圧を下げる最新の方法です。じゃまな細胞のみを選択的につぶしてくれます。副作用が殆どなく、通常、治療の1ヵ月後ぐらいから効果が出てくる場合が多いようです。

 ■視力回復に効果あり!口コミ人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

人気NO.1!!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




■本サイト人気コンテンツ


★ 緑内障の主な症状と注意点
主な症状として、視野狭窄や視野欠損などの視力喪失と、目の痛みや頭痛があります。視野狭窄は視界が外側から狭まっていく症状で、末期になると中心部しか見えなく・・・ 続きを読む

★ 緑内障の漢方治療の概要
漢方での緑内障治療は、緑内障の眼圧が上がる原因である過剰の房水を適度に減らすという考えから、「水毒」に対しての漢方薬を用います。漢方で用いられる利水剤は・・・ 続きを読む

★ 原因が特定しにくい緑内障
緑内障の原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず眼球内の圧力が高くなること、とされています。ではなぜ眼圧が高くなってしまうのかというと、直接的な原因は・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ どんな種類がある?
★ 緑内障の手術について
★ 検査の方法について
★ 点眼薬について
★ 予防方法のご紹介
★ 日常生活での注意点